リスクもしっかり理解を|メイクに頼らない二重の魅力とは「プチ整形をやっちゃおう」

メイクに頼らない二重の魅力とは「プチ整形をやっちゃおう」

ウーマン

リスクもしっかり理解を

目

手術には様々な方法がある

二重整形は、今や高校生でも長期休みにする人がいるほど、すっかり手軽で身近なものになっています。コンプレックスを解消することで、積極的になれたり、明るくなれたりと、内面にまで効果をもたらす整形手術ですが、もちろんそれなりにリスクがあるということも理解しておかなければなりません。まず、二重整形の手術の中で最も人気なのが糸を使って瞼を固定して二重のラインを作る、埋没法というものです。メスを使わず、腫れも少ないのが特徴で、他の方法と比べると失敗の心配も少ないようです。他にも、瞼をメスで切開して二重のラインを作る切開法という方法があります。メスを使い、瞼を大きく切るので失敗のリスクは高くなりますが、効果はこちらのほうが大きいようです。

納得した上で手術を

二重整形の失敗とは、ほとんどが「理想の二重の幅にならない」「糸が取れて一重に戻ってしまった」「瞼の裏側に糸が出てきてしまった」といった、修正できるものです。事前にしっかりとカウンセリングを受けたり、理想の二重の幅をきちんと伝えたりして、自分に合った方法で手術をしてもらうことによって失敗を回避できることも多いようです。まれに、瞼が炎症を起こしたり、眼球に傷がついてしまったりといった、治療が必要な場合もあるので、おかしいと感じたらすぐに手術をしたクリニックに相談しましょう。二重整形は簡単な手術と考え、軽い気持ちで受けるのは大変危険です。リスクも踏まえ、納得して手術を受けましょう。また、クリニック探しは慎重に行い、アフターサービスのしっかりしたクリニックを選びましょう。